時を金で買うということ


以前、ドイツには「時は金で買える」という諺がありました。メルセデスのような高価なクルマで
スピードを上げれば早く目的地に着けるという訳です。さすがアウトバーンの国です。

最近ではクルマの燃費やエコロジーが重要視され、おなじくヨーロッパ製食器洗い機も
進歩といえば電気代と水道代、そして結果として洗剤の節約に尽きるようです。その正義
が何より優先し、結果として洗滌時間を少なからず犠牲にしてきたものです。

「時間を金で売る」と言うことになりましょうか。ミーレ食洗機には「Turbo機能」といい、電気代
を犠牲にして時間を短縮させるという、古き良き時代に戻すタイムマシンのようなものもあります。

エコロジーに傾倒する時代を否定するものではないですが、少数ながらコストをかけた人に
対して時間というメリットを与えることも正義だと思います。少々のロスはあっても超高級、
超高機能な家電製品が出てきてもよいのではないでしょうか。

最近、一部の輸入商品のクッカーやオーブン、冷蔵庫などにもそういうきざしが見受けられ、
いつか改めてそういった商品を紹介する機会を持ちたいと思っています。

「輸入キッチン紀行」と銘打ったこのブログも脱線しっぱなしで年末を迎えてしまいましたが
来年はもう少し皆様のお役に立てる情報に取り組んでまいります。

このブログも今年はこれが最後となりました。
皆様良いお年をお迎え下さい。来年もよろしくお願いいたします。


at 13:48, globeinc, 輸入キッチン紀行

-, trackbacks(0), - -

三丁目の夕日



プロレス編

 まだテレビが珍しかった頃、金曜日、夜8時ともなれば銭湯の男湯はイッパイになった。
同時に駅前広場の街頭テレビ(もはや死語だが)にも人が群がった。プロレスを見るためだ。
終戦後、意気消沈する日本人を鼓舞したのは黒いタイツに空手チョップの「力道山」だった。
悪者を次々やっつけるのだ。当時の少年たちの、間違いなく憧れの的だったろう。

一方、アメリカでは「グレート東郷」という日本人レスラーが反則技で奇襲攻撃をかけていた。
当時、日本人の典型とされた胴長、短足,猪首に刈り上げというスタイルで、戦犯となった
東郷平八郎の名前をもじり、しかもグレートと名乗ることでアメリカ人の神経を逆撫でした。
散々反則で暴れた後、アメリカ人レスラーの正統技で負け、アメリカ人が溜飲をさげる
という、誠に凝ったエンターテイメントを発揮したものだ。

「インドの貴公子」との異名をとるタイガー・ジェット・シンというプロレスラーがいた。。
マントにサーベル (軍隊用の剣) といういでたちで登場し、マットに上るや否や、サーベルを
スラリと抜き放ち、上段に構えるや相手めがけて突進した。誰もが血しぶき舞い散るものと
思いきや、これがあに図らんや相手をヘッドロックに決め、サーベルの柄で頭を小突きはじめた。
私、子供心に思いました。最初から「柄」だけを持って来れば良いのに・・・・と。

ろくにテレビも無く、貧しかったあの頃。妙に懐かしく思い出されるのはどうしたことか・・・
年の瀬、あわただしく移り変わる世の中に戸惑いを覚えながらながらも、ゆっくりと流れていた
当時が、ふと記憶によぎるのは何だろう。

at 17:42, globeinc, 輸入キッチン紀行

-, trackbacks(0), - -

エスプレッソの香り



最近、テレビのCMで「バリスタ」という言葉を目にします。BARは英語ではバーと言いますますが、
同じ文字でもイタリアではバールと発音します。最近、日本でもバールが随分増えてきたようです。
「夜間営業の酒食をかねたカフェ」を指し、エスプレッソ誕生のイタリアで広く愛されるコーヒーを
バールで供出する専門家をBARISTA(バリスタ)と呼ぶのだそうです。カクテルを扱う英語の
BARTENDERと殆んど同じ意味ながらニュアンスが少し違うようです。

今ではエスプレッソを抽出する器具も豊富に揃いましたが、昔は直火式のエスプレッソメーカーで
淹れてました。日本でも銀座や元町にある洒落たショップでは40年も前から並んでいたように記憶
してます。小さなミキサーのような形状をしていて、下はアルミの鋳造で、上が陶器のポットのような
ものがのってました。直火にのせ、器具の中に発生した蒸気の圧力で抽出するというシロモノです。
ヨーロッパでは一家に一台は常備されており,日本の急須のようなものでしょうか。

濃い目のコーヒーを小さなデミタスカップに入れ砂糖を注ぎ込み、甘苦いのをデザートとして嗜む
のがルールです。底に残った砂糖をスプーンですくい舐めても無作法とはいいません。
これをブラックと称しますが、聞き違えた日本の伊達男がノンシュガーで飲むこともあります。
日本では一般的にアレンジされることが多いようで、カプチーノやカフェラテ、カフェモカや
カフェマキアートのように、牛乳やチョコレートを加工して混ぜたものが人気を呼んいます。
またそうすることでモダンな飲み物に感じるから不思議です。

ミーレにも本格的なエスプレッソマシンがあり、ビルトイン式ならではの美しい空間を創り出す
洗練された外観を備えます。予算の許すお客様には是非お使いいただけたらと思います。
一日の始まりである良い朝食のデザートとして馥郁たる香りと味をご堪能下さい。

at 10:09, globeinc, 輸入キッチン紀行

-, trackbacks(0), - -

いにしえのポルシェ  来る



20代の中頃、私はそれまで勤めていた会社を辞め「掃除屋」を東京で開業した。その当時
流行っていたドラマの影響だったかもしれない。サラリーマン生活に倦んでいたのだろう。
若かったその頃は何をしても食っていける自信があり、何のためらいもなかった。

ある日、本郷の菊坂あたりで、夕日を背に浴びて輝くポルシェが止まっているのを見かけた。
小さなボディにあの存在感、あの感動は何だったろう。埃まみれになりながら、いつか儲けて
こんなクルマをガレージに収めたいと闘志を燃やしたものだった。

35年の歳月を経て、ほんの少しの成功と山程の失敗を繰り返しながら、何とはなく、小じんまり
とした今のポジションに居座ってしまった。それが偶然の産物か、「検査付170諭吉」と引き換え
に今になってその「空冷ポルシェ」が我が家の一員となった。

新車の躍動感はもうとうに消え去ってしまったろう。だが当の本人とてそれは同じことだ。
それでも、この年代物にして充分に満足できる加速力を秘めていた。

ある程度、年を経た人ならわかってもらえるだろうか。決して最新のものというのではではなく、
若い頃に夢を見て、求めても得ることが出来なかったものへの憧れを。

ヒトから「何に乗ってます?」と聞かれ、「ふた昔前の空冷ポルシェに乗ってます」と答える
ことに何気ない晴れがましさを覚える。 

私は今、小さな夢の国にいる。

 

at 18:16, globeinc, 輸入キッチン紀行

-, trackbacks(0), - -

方言は面白い


「お国訛りは故郷への通行手形」と申します。

ツアーでフランスに行った時のこと。パリの有名ホテルのロビーで大声を出してる人がいた。
「チンコが無いんだよ!チンコが!元気が無くてオロオロしちゃって」とチンコ、チンコと連呼している。
いかに外国のホテルとはいえ少々、差しさわりがある。また同じツアーの日本人のようでもある。
小声でたしなめたところ、「金庫がなくて、貴重品の保管に困った、現金もってウロウロと・・」と
言いたかったらしい。どこかの社長さんで秋田の出身とのこと。いやはや人騒がせなことで・・・

名古屋の地下鉄で席が空いたので座ろうとしたら、可愛い女子中学生とバッティングしてしまった。
娘さん、私を見据え、突然「座ワりャー!!」と叫んだ。 「へっ?!」と唸って恐縮しながらも席を
譲っていただいた次第。言葉はともかくとして素敵なお嬢さんだった。
後から考えると「スワりャー」も「エビフりャー」も同じイントネーションだったように思う。

大阪の場末の雑貨屋に強盗が入ったそうな。普段、60歳くらいのオヤジが店番していたのが、
たまたまそのとき80過ぎのバアサンが居合わせた。ナイフを突きつけ「金を出せ」と脅す相手を
一瞥し、「金なんかオマッカイナ!!」と切り返した。よほどその言葉に説得力があったのか
その強盗、何も盗らずに退散したとのこと。

at 12:15, globeinc, 輸入キッチン紀行

-, trackbacks(0), - -

二千円札の粋な使い方


 外国で日本人が戸惑うものの一つにチップという習慣がある。実際には日本にも
昔からあり、今の旅館がホテル形式になる前には仲居さんにいくらかのお金を
手渡したものだ。「こころづけ」という。世話になる人に感謝の意を示すもので、
何とも言葉の響きがいい。

ところで最近は何故か二千円札を、とんと見かけなくなってしまった。表の守礼門
は貧相だし、裏が源氏物語にひらがなというのも妙である。肖像画がないのもまた
不思議ではあるが、ユニークとはいえ、使用可能なお札であることに変わりはない。

このあまり出回っていない二千円札だが「こころづけ」としては誠に使い勝手がよい。
千円ではちょと失礼だが、五千円では張り込み過ぎ、千円札二枚では野暮の極みと
いう場合だ。二千円札だと珍しさも手伝って、受け取ったほうも自然と笑みがこぼれる。

たまたま手に入ったときは大事にしまっておこう。そして機会を見て「こころずけ」を
粋に手渡すのも、中年以降の男性の(女性も)たしなみではないか。
「電車賃に」「これでお茶でも」「煙草でも」「甘いものでも」 何んにでも応用は効く。

at 13:23, globeinc, 輸入キッチン紀行

-, trackbacks(0), - -

男の独り鍋


一日中雨が降り続いていた。
今年は残暑がきびしく、夏が嫌いではない私も、さすがに、うんざりしてしまったものだ。
裸になっても寝苦しかった夜な夜なが、つい先ごろまで続いていたのに、雨が終わってからの
冷えは、まるで冬だ。

女房は何やらの会合に出かけ、息子も遊びに出かけた。独り、我が家でポツンと過ごすのも
独身時代を思い出し、決して悪いものでは無い。そんな夜の「男の小鍋立て」というもののお話。

極めてシンプルである。大根の上、1/3くらいを3cmの輪切りにし、皮をむく。十字の隠し包丁を
入れて湯通しする。鍋にたっぷりの水と酒、塩で下味をつけ、昆布を入れ煮立たせる。長ネギを
4cmの筒切りにし、柚子の皮を削って放り込み、大根の煮えるのを、ただひたすら待つ。
イカ刺しの酒盗和えをアテに燗酒をチビチビとやりながら大根が煮えるのを、じっと待つ。

準備が整ったら、大根を小皿に取り、刻みネギ、おろし生姜、削り節をまぶし、醤油をかけて食す。
家族団らんのときは寄せ鍋だが、男の独り鍋はメインの素材にあと一品くらいが丁度良い。
音楽もテレビも要らない。少しの灯りと明日への期待があればよい。

池波正太郎「梅安蟻地獄」よりの一節
  「さ、おあがり下さい」 梅安が小皿にとった大根をすすめると、「へ・・・・・」
  ちょっと半右衛門が目をみはって 「ちょうだい、いたします」 
  ひと口、大根を食べ、「おいしいものでございますなあ」 と、いった。 

at 09:04, globeinc, 輸入キッチン紀行

-, trackbacks(0), - -

値引の好きな関西人

 

ロンドンのジョンロブという高級紳士靴の本店を訪ねたとき、お目当ての靴のプライスを聞いたら
10数万円という。関西人丸出しで、早速値引交渉に入ったら、その女子店員がちょっと困った顔を
して、近くのメモに地図を書き出した。それを差し出し「あなたの行くべき店はこの店です」と申し訳
無さそうに断られてしまった。さすがイギリスというのは優雅な国だと思った。

関西人は値引にうるさいとの評判である。でも何が何でも安くすればいい、というものでもない。
欲しい商品、気に入った店、肌の合う店員を見定めて、自分だけに対する誠意を期待するのだ。
正価が高い安い、予算に合う合わないの問題では無い。「どこどこの店のだれだれに相談してみー、
キッとあんじょうしてくれるでぇ!」が信用につながる。ネットの安売りとは趣が違うのだ。

関西では「値引く」ということを日常的に「勉強する」と表現する。商人が値引交渉を通じて商売を
勉強させてもらったお礼に、感謝をこめてお返しするという意味だろう。

かくてショールームでは今日も、
お客様         「オッチャン、もっとシッカリ勉強してーや!」
お店のオッチャン 「いえいえ、もう充分勉強させてもろてますー」
お客様        「何の、オッチャン!まだまだ勉強が足らんで〜!!」
てな会話が繰り広げられてることだ。

at 07:43, globeinc, 輸入キッチン紀行

-, trackbacks(0), - -

神代の時代のお話


この10月を旧暦では神無月(カンナヅキ)と言います。全国の八百万(ヤオヨロズ)の神々が
出雲に集結する為、神様が留守になるという意味です。反対に出雲地方では今でも10月を
神在月(カミアリヅキ)と呼ぶのだそうです。

考えてみれば神代の時代、ほんの人口は百万人くらいと言われ、そこに八百万の神様
ですから平均一人当り8人の神様に囲まれれていたことになります。神様の大判振る舞いです。
当然、良い神様もいれば悪い神様もいるはずです。悪いことをしたらバチが当たる、
人を殺したら化けてでる、と言うのもそういう宗教観から来てるのかもしれません。

なんせ八百万神ですから新入りが入ってきても寛容なものです。キリストさんは誠実だし、
お釈迦様もマジメそう、となんでも仲間に加えます。少々、増えたってどうってことはない。
「人が死んだら仏様、商売繁盛でえびす様。ケーキを囲んでクリスマス」は決して日本人の
無節操な宗教観のなせる業ではなく、独特の宗教観から来るものと思われます。

そういったところは「一神教」の外国の方には理解できないようです。
万一、外国人から宗派を聞かれたらためらわず「Buddhist」と答えておくのが無難です。
「特に無し」と答えようならゾンビをみるような目で見られるかもしれません。

at 13:01, globeinc, 輸入キッチン紀行

-, trackbacks(0), - -

家庭円満、夫婦和合、無病息災

 

こんな話があります。
「親父よ!そんなに息子を叱るもんじゃねえ。お前が歩んできた道なんだから」
「息子よ!そんなに親父をバカにするもんじゃねえ。お前が歩む道なんだから」
親の価値観で子は育ちません。生まれながらにして個性をもってるのだと思います。
親は子供を枯らさないように育てるだけ。ただ褒めて伸ばすだけ。ただ、それだけ。

女性は生まれたときから母親です。幼いうちからお人形遊びや、ままごとをします。
男性は生まれたときからガキ大将。大人になってもクルマやゴルフに夢中です。
夫は妻から「頑張ってるねー!」と褒められるだけでどんどん仕事をするのです。
「うわー凄いっ!」の一言でどんどん才能を伸ばしていくんです。

「命」という字は、「人は誰でも一度は叩かれる」と書きます。
だれしも大病を患ったり、酷く落ち込むことを避けることはできません。
思いっ切りの"作り笑顔"を鏡で見てたら、病気は似合はなくなります。
自分の笑顔に向けて「元気だねー!」って自分を褒めてあげましょう。

at 14:10, globeinc, 輸入キッチン紀行

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら