ミーレの食洗機用純正洗剤について考えてみる

 

そもそも機器を販売するメーカーが、自社でオリジナルの純正洗剤を売り出すのは珍しいことだ。というより

聞いたことがない。これを良心的と言おうか商売上手というべきか・・・・

 

特に今回のマイナーチェンジで純正指定でのスピードコースを作り出したのだから、何かが違うはずだ。

ミーレジャパンは純正洗剤の効用を確かなデータをもとにアピールする責任があると思うのだが・・・・

だがメーカーからはこの一般洗剤との違いについて詳細な説明はない。

 

ミーレも白物家電は十八番でも洗剤の開発には苦労したはず。専業メーカーからの協力や開発費もそれなりに投じたと

思う。そこは敢て目的をもって行動しているはずだ。以前は私も市販の洗剤を利用していたが、純正に切り替えて

半年になるが、洗い上がりの質感が1ランクアップしたような気がして今も純正を使い続けている。洗剤がきれたからといって

スーパーに行って「フィニッシュ」を購入する気にはなれないのだ。そう、習慣性のものなのだ。

 

ここは重要なところだ。視点を変えてみよう。

ミーレ食洗機のもっともベーシックな60cmWモデルはG6620SCu(税別定310、000−)だ。

これを購入して15年間、毎日使用すると1日当たりの償却は

  310000/1台÷15年÷365日/年=56.62円/1日の償却になる。ミーレなら15年はもつ筈。

 

一方、純正洗剤は、最小発注単位が60個で3400円。即ち1個56.6666円になる。

 

お分かり頂けたろうか?「G6620」を購入されたお客様が「パワークイックウオッシュ」を気に入って毎日15年間

純正洗剤を使用されたとしたら、15年目にもう1台食洗機を購入されたと等し並みな経済効果を居ながらにしてミーレは

得ることになる。リンス剤も併用されたとしたら効果はさらに大きいことは云うを俟たない。

 

これは十分にミーレがこの洗剤についての詳細を語る責任があるという証だ。食洗機を販売するのに等しいエネルギーを

費やす価値がある。カタログ1枚で済ませる問題ではない。

さらに視点を変え、

ここに新婚カップルがいるとしよう。この家庭ではミーレ食洗機を設置することにした。すぐにベイビーが生まれたとしよう。

このベイビーは母親が毎日ミーレを使用し、ミーレを絶賛する声を聞くという環境の中で育っていくのだ、しかも毎日使う洗剤

もMIELEと書かれた箱から出してくる。洗剤がなくなると母がミーレに注文してる姿を横目に育つのだ。

 

このベイビーがやがて所帯を持った時、ミーレ食洗機を購入することに躊躇するだろうか? 仮に慎重な性格であったと

して、日本製を確認に行ったとしよう。ミーレを見慣れた目には、ミーレ以外の選択肢はないことに改めてすぐ気付く

ことだろう。

また母親も、20年使って買い替える必要が生じたときミーレ以外を購入するだろうか? ミーレ60cmWに慣れた人

には最早とうてい日本製には戻れまい。こうしてミーレの連鎖がスタートするのだ。

 

ここが大切なのだが、10年20年後を考えると、ここできちんとミーレ純正洗剤の素晴らしさをアピールしておく

ことが特に重要だと思う。ほっておいてもミーレオンラインショッピングにひっかかってくるとスマしてる場合では

ないのだ。メーカー、代理店が共に協力して純正洗剤、リンス剤、庫内洗浄剤を積極的にアピールしていく必要が

あると思う。(まずミーレ機器の普及が前提条件になるのだが) 純正ケミカル製品を販売治具としてもっと活用

すべきである。まずともかく浸透させることだろう。

 

お問い合わせは、
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102 ご連絡ください。

 

 

 

 

at 16:27, globeinc, 新製品情報

-, trackbacks(0), - -

今回のミーレ食器洗い機のマイナーチェンジについて語ろうか。

ミーレ食器洗い機が今年7月7日ひっそりとマイナーチェンジされた。発売日以降の月末なって新カタログが届くというお粗末さ

だった。25周年モデルはミーレとしては安さで飛びぬけていたので、ある意味センセーショナルだったが今回のマイナーは価格

据え置きという地味なものだった。だがこの地味なマイナーにこそミーレの深慮遠謀が隠されているような気がする。その辺を

ゆるゆる語っていこうと思う。

 

ミーレにはブランド的ファンがいることは間違いないが、食洗機に関しては強力な洗浄力に大きな庫内がユーザーを圧倒し、

こまかな弱点を忘れさせるほどだった。名機を前にそんな細かいところに触れてはいけないというような風潮もあった。

大きな美点が多少時間がかかることや、ヨーロッパ製は余熱乾燥の為、乾燥が少々甘いというのはやむを得ないと認識されてきた。

だが本音で言えばせっかちな日本人にとって早ければ早いに越したことは無い。日本は湿気が多い。乾燥するならそれに越した

ことは無いという声なきユーザーもいた筈である。今回のマイナーチェンジはそんな隠れた声を持つミーレファンのハートを

さりげなく直撃した感がある。

 

簡単にマイナーチェンジの内容に触れてみよう。

新しいシリーズはEcoFlexシリーズという。経済的、柔軟性を表す造語であろう。中でも目玉は従来の「Sensoer wash」が 

 

「Automatic」に表示だけが変わり、新しく「Quick pawer wash」というコースが追加された。

 

こいつは完璧と思われたミーレの「Sensor wash」という洗浄コースを純正洗剤使用という条件付きながら平均所要時間

約58分でこなすというスピードコースだ。(従来のセンサーウオッシュで1時間半強位)結構な時短になるが省エネになって

早く仕上がるに越したことは無いのだ。

少々お高い純正洗剤を使って素早く仕上げるか、市販の洗剤でマイペースで仕上げるかはユーザーの判断にゆだねられる

ことになった。

 

 

 

お次はオートオープン乾燥だ。どうしてもこれが欲しくて高いグレードを買うユーザーもいたが、一番安いベーシックタイプ

からこれが標準となった(60cmWのみ)わけだから迷いは減った。乾燥工程が終わった段階で自動的に少しドアが開いて

外の冷気を取り込み内部をクールダウンさせるという仕掛けだ。これによってワイングラスなどは水滴が消え驚くほどキレイに

なるし乾燥も1ランク上になる。乾燥は良いに越したことは無いのだ。これが最もお安いモデルから標準になった。

 

ところで、昔から(約20年ほど前)ミーレの食洗機,洗濯機、乾燥機の全機種に「アップデイトシステム」といった機能が

装備されていた。ハード(機械)は20年の使用に耐えうるよう作られ、時代とともに進歩する技術は専用パソコンからデ-タを

送り込みバージョンアップさせるという技だ。新しい洗剤等が開発されたときなどそれに対応したコースを送り込む。新しい洗い

方のノウハウが確立されたらデータを送り込む。本気で1台の機器を20年間使わせる魂胆だ。これは日本では絶対にマネが

できない。技術的にではなく、思想的にである。そんなことをしたら新しい機器が売れなくなってしまう。まるで本当の

エコロジーとは購入した機器を長く使うことだよと主張するかのようだ。これは販売する側からいえば反逆的行為だろう。

 

 

 

 

今回のマイナーチェンジにメーカーは殆んどコストを割いていないのではないか?それが証拠の価格据え置きだ。

なぜなら今回の「パワークイックウオッシュ」はアップデイトシステムの工場版のようなものだ。「オートオープン乾燥」も

特許とはいえ従来の技術に過ぎない。今までの生産ラインにちょっと手を加えただけだが、知る人にとってはG6620

(G6100の後継モデル)はウソのようなお得モデルだ。同価格でこれだけのものが出来れば消費者にとってメリットが大きい。

ほんのわずかな投資で全く新しいものを作り上げられるという事はミーレの商品開発能力が成熟してきた証のような気がする。

 

最後に内部バスケットだ。清潔なホワイトに可動部にはイエローをあしらうというセンスは従来通りだが、イエローの配置が

使い易くなった。特にワイングラスをかけるところは柔らかくなったし、3Dカトラリーも便利になり、この辺は正常進化と

云ったところだろうか。

 

随分と長くなってしまった。読む方も疲れるからこれくらいにしておこう。

次回は純正洗剤や次回のランドリー製品の予想について書いてみよう。ではまた。

at 11:00, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

25周年記念モデル食器洗い機

 


唐突に出た25周年記念モデルについて

 

ドイツのミーレが東京に初めて進出して、今年が25周年ということで、特別モデルを静かに出してきた。

価格も25万円(税別)というこだわりだ。

 

3月に売り出して3回目の入荷分が既に引き当て待ちというから、この手の機器としてはすごい売れ行きだ。

その理由は、

機能はあまり変わらず、操作部はステンレスのみで25万円(税別)というミーレとしては破格の安さだ。

 

ご興味のある方は、既にグローブに展示してあるので、是非ご確認ください。

 

皆様のご来店をお待ちしています。

 

お問い合わせは、
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102 ご連絡ください。

 

at 10:03, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

新年のご挨拶

 

皆様、明けましておめでとうございます。

本年も変わりませず、よろしくお願い申し上げます。

 

1月5日(木)より営業をしています。

お近くに来られましたらお気軽にお立ち寄りください。

 

                      店主敬白

at 16:06, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

年末年始のご案内

 

今年もバタバタの1年間でしたがようやく今年も終わろうとしています。

 

皆様方良いお年をお迎えください。

 

12月28日(水)〜新春1月4日(水)までお休みとさせていただきます。

 

来年も変わりませず、よろしくお願い申しげます。

 

                            店主敬白

at 14:33, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら