<< 洗濯機の歴史 中篇 | main | ミーレ・エクスペリエンス・センターが神戸/旧居留地にオープンします!!! >>

洗濯機の歴史 後篇

洗濯機の歴史と銘を打ちながらも、これはミーレの歴史である。

まさにミーレの歴史こそ洗濯機そのもののの歴史でもあるのだ。

 

2001年 六角形をした蜂の巣状の洗濯ドラム「ハニカムドラム」で特許。

 

      ドラム内に水の膜を張ることで衣類が滑るように動き、摩耗を最大限

      防ぎ、大切な衣類を守ります。

 

ここらあたりから完全に現代の範疇に入り、経過は私どもも目のあたりにしてきた。

年代など関係なく、最早歴史とは言えず、まさしく昨日,今日,明日の姿である。

 

2007年にはケアコレクション洗剤を発表。

     トータルランドリーケアを実現するには「機械力」「時間」「温度」

     そして最後の決め手は「洗剤力」と云うわけで洗剤メーカーと共同

     開発で自社の洗濯機に最も適したオリジナル洗剤をフルラインナップ

     で揃える。

 

2018年 自社製のカートリッジ洗剤をセットして自動洗剤投入システム

      洗濯乾燥機を新発売(日本市場)。これにより洗剤排出量の

      平均30%削減を実現することになる。

      もちろん市販の洗剤を使用することも可能で、染み抜き剤や

      柔軟剤配合のカプセル洗剤も用意した。

 

      今年中に洗濯機と乾燥機の分離タイプも出揃うことになるだろう。

      洗濯機は容量9kgに達しているという。

 

      今後も目が離せない。 

     

at 14:45, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら
trackback
url:http://globeinc.jugem.jp/trackback/341