<< 是非、人に聞かせたいお話 | main | 洗濯機の歴史 中篇 >>

洗濯機の歴史 前篇

 

ミーレが最初に手懸けた製品は「バター製造機」だった。1899年のことだった。

生クリームに塩を混ぜシェイクすることでバターができることは小学生でも学校で習う。

イギリスでは今でも生活必需品のことを「Bred & butter」という。

 

そんな「バター製造機」だが耐久性の高さから一般家庭よりプロの間で持て囃された様だ。

やがてその「バター製造機」からインスピレーションを受けて木製の樽を大きくし、

撹拌棒の角度を変えることで前代未聞のユニークな商品を作り出した。それが・・・・

 

1901年「世界初の洗濯機」の登場だ。

ドイツの冬は寒くて暗い。水資源は貧困だ。当時の主婦にとって洗濯はとんでもなく

重労働だったろう。当時のサラリーマン2年分の稼ぎと引き換えに、その利便性から

洗濯機は売れに売れた。以後、「洗濯機のミーレ」が定着することに。

 

1914年には世界初の電気モーター式の洗濯機を登場させている。

面白いのは、当時ドイツでも電気の通ってない地域が多かったようで、何んと水力発電式

電気洗濯機も同時に登場させていた。脱水機もモーターでつなぎ労力は一気に軽減された。

 

1930年にはお馴染みのドラム式洗濯機が初めて商業用として登場。木の樽に水と

洗濯物と洗剤を入れ、福引のガラガラのように回すものだったという。

これが家庭用として普及するのはもっと後年の話となる。       次回に続く

 

 

ミーレの情報やお得情報をメールで配信します。ご希望の方はここをクリックして

会員登録をお願いします。

 

at 16:48, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら
trackback
url:http://globeinc.jugem.jp/trackback/339