<< ミーレ食洗機、外注論その6 | main | ミーレ食洗機外注論その4 >>

ミーレ食洗機外注論その5

 

ドイツには「時は金なり」という諺と同時に「時は金で買える」という格言がある。

 

ポルシェのような高価な車を手に入れて速度無制限のアウトバーンを疾走することで

目的地に早く到着することができるという意味のようだ。

 

今までの外注論に準拠するならば、そのポルシェのひそみにならい、ミーレの食器洗い機を

手に入れることで、さらに安価で、安全に、かつ確実に時が買えるとは思えないか?

 

一日三食分の食器や調理機器の後片付けをミーレに任すならば一日当たり1時間くらいは

新たに時作でできそうだ。しかも外注業者に頼むと、作業中は傍に付いておかねばならないが

食洗機だと作動後、外出するのも、セットして就寝するのも全くの自由になる。

 

(余談だが、外注の業者がもし手で洗うとしたら、おそらく食洗機の10〜15倍の水道代と

電気代の負担を余儀なくされることだろう。)

 

それではどのようにその空いた時間を有効利用するかを一緒に考えてみよう。

 

まず色んな資料を整理し、自分だけの料理レシピを製作する。次に1週間分の献立を考える。

それに必要な食材、調味料のリストを書き上げる。献立表をオープンにすることで、楽しみ

にしてご主人も寄り道なしで真っすぐ帰ってくるかもしれない。即ち余分な金は使わないだろう。

食材のリストを作ることでスーパーでの買い物に無駄がなくなる.さらに経済的である。また

自分の得意料理が増えるというメリットもある。

 

あるいは日頃読まないようなちょっとお固い本を読んでみるとか。ガラスのように透明感の

ある志賀直哉に触れるのもよし、古風だが良い音楽のようなリズムと旋律を感じさせる

森鴎外もいいかも。あるいは吉川栄治の「三国志」を全巻読破するのも面白い。時は幻の

邪馬台国で女王卑弥呼が君臨した時代だ。孔明の聡明さや、大陸の先進性に驚かされる事だろう。

とにかく教養と知識の幅を広げよう。

 

もっとお気楽に水彩画の通信講座で密かに絵の勉強をするというのはどうだろう。天気の良い

日に子供を連れて公園にでも出かけて目の前でサラサラっと絵が描けたら、子供から尊敬の

眼差しを浴びること請け合いだ。

 

ま、何にせよせっかく手に入れた時間、有効に使いたいものだが・・・・

 

 

次回は予算も加味してミーレ食器洗い機のどのモデルを選択するのが良いかを徹底検証する

ことでこの章を閉じることにしよう。

 


 

 

at 12:58, globeinc, ミーレ食洗機外注論

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら
trackback
url:http://globeinc.jugem.jp/trackback/309