<< ミーレ食洗機「センサーウォッシュジェントル」を使ってみる。 | main | ミーレ純正「庫内洗浄剤」も変わりました。 >>

ミーレ純正「リンス剤」の容器が変わりました。



ヨーロッパ製の食洗機はメーカーを問わず洗剤とともにリンス剤を併用するのが基本になって
います。にもかかわらずミーレ以外のどのメーカーもそれには触れていません。どのメーカー
の食洗機にもリンス入れのポケットが設置されてるにもかかわらずです。

洗剤はアルカリ性なので酸性の成分を使うことで中和されます。シャンプーのあとリンス
するのと同じ理屈です。食器の表面が滑らかになって水キレが良くなって、食器が輝きを
増すだけでなく乾燥状態が良くなります。「乾燥仕上げ剤」と表現されることもあります。

アルカリ性には油を溶かしたり、モノをふやかしたりする働きがあります。「マジックリン」
の原料は苛性ソーダでできています。酸性には収斂作用と言ってモノを引き締めたり、殺菌
作用、アストリンゼン効果があります。カビ退治に「サンポール」を使うのも同じ理由です。

他メーカーがリンス剤の使用を謳わないには訳があって、ほとんどのスーパーに置いてなく、
しかも量の割に結構高価だったりします。そんな時はミーレのリンス剤がおすすめです。
年1万円位のランニングコストで、10日に1度注入するだけで自動で流入していきます。

そのミーレ純正リンス剤の容器がこの度、変わりました(写真左から右へ)。従来寝かして
置くと中身が漏れたり、リンスポケットに注入する際、外にこぼれたりと結構面倒だった
のが、随分扱いやすくなりました。中身は同じとはいえ少しづつ進歩しています。

未体験の方はメーカー(外国製)を問わず、是非、一度お試しください。4本分(約1年分)
のオーダーから送料は無料でお送りしています。2300円X4本+消費税、トータルで
年間9936円です。お電話いただければ全国どこにでも発送いたします。

リンスエイドのご購入、お問い合わせは、
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102にてご連絡ください。

 

at 10:26, globeinc, 新製品情報

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら
trackback
url:http://globeinc.jugem.jp/trackback/288