<< ミーレ スチームクッカーの魅力 5) 秋を食す | main | ミーレ スチームクッカーの魅力 3)水無しで茹でる >>

ミーレ スチームクッカーの魅力 4)酒肴を工夫する


猛暑が過ぎ、涼風が吹く頃には日本酒が恋しくなります。同じ思いの同朋者の方々に
今回は「酒肴を工夫する」をお届けします。こんな旨いもの女房にまかせられるかっ!

ちなみに、空いた隅を利用して燗をつけてもいいのです。電子レンジと同じです。



ジャガイモと小松菜、枝豆を穴明き受け皿に入れ100℃と15分でスタート。
枝豆と小松菜は2〜3分で取り出し、枝豆はすぐに冷水ですすぎ、塩を振り、盛り付け
ます。小松菜はゴマ、醤油、出汁で和え、おしたしに。アラームが鳴ったら熱々の
ジャガイモを取り出し、二つに割ってイカの塩辛をのせます。あっという間に
「酒肴三品」の出来上がり。純米酒のぬる燗でどうぞ。皮ごと食えちゃいます。



アサリに酒を浸らせ、スチームで100℃の3分、アルコールが抜けたところで醤油、
バター、ニンニクの絞り汁を散らし、さらに1分加熱。器に盛り付け、刻みネギを。
濃いめの味が私流。日本酒かワインで飲るのが美味しい。日本酒なら大吟醸の冷酒で。
ワインならシャブリ系を口径の狭い、背の高いワイングラスで飲るのがいいでしょう。




砂肝とコンニャクを小さく切り、貝柱(2,3個)と塩(小さじ1)を軽く散らし、
鷹の爪1本を刻んだたものを投入し、アルコールを飛ばした日本酒でヒタヒタに。
100℃の5分で加熱。アラームが鳴ったら、器に盛り付けスダチのスライスを
乗っけます。安酒の熱燗で一杯やれば身も心も財布もポッカポカ!



砂糖と塩で味付けしたコンブ出汁に白菜、キュウリ、ナスを漬け込み、トウガラシを
まぶします。75℃の45分にセットして、調理後、軽く絞って器に盛り付けます。
均等に味が染みわたり簡単な「浅漬けの盛合せ」が出来上がります。ビール・酒にも
合い、味は良し。普通の浅漬けに比べ、随分と時間が短縮できます。またジプロック
(写真右)を使うと少量の出汁でしっかりと漬かります。
ビールで濃厚派はサントリ―プレミアム。さっぱり派なら発泡酒の糖質0も悪くない。




体力を消耗した酷暑も、何んとか乗り越え、我に返って疲れた体を癒しながら、
ふと明日に夢を馳せる。男は現世で苦しみ、夢に生きるのだ。
泣くな団塊オヤジ!それが大人というものだ。

次回は「秋を食す」です。引き続きのご愛読を。
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102にてお問い合わせ下さい。

at 11:28, globeinc, スチームクッカーの魅力

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら
trackback
url:http://globeinc.jugem.jp/trackback/207