<< ミーレ食洗機「G6910」の寸評 その6 総括 | main | ミーレ食洗機「G6910」の寸評 その4 バスケット >>

ミーレ食洗機「G6910」の寸評 その5 静粛性

 今回は静粛性について検証します。

カタログには騒音レベルが「デジベル=dB」で表記されていて、グレード毎に45db,
 44dB, 41dBというようにハッキリと評価が現れます。

よく誤解されるのは、食洗機はずーっと同じ音を発生すると思われてることです。給水時、
スプレーアームの摺動音、排水ポンプの音、噴出する水の音、乾燥工程に入ったファンの

音、と絶え間なく頻繁に音は変わっていくのです。私にはどのタイミングで、どの位置で、
どのように測定してるのか、その基準がさっぱり解りません。

中でも笑ったのは、「38dBのエクストラクワイエット」というプログラムです。結構,
長~いスパンで「作動」「停止」を繰り返しながら延々5時間近く進行していくのです。
作動中は普通に音はするものの、停止状態では勿論、完全な無音です。どうも騒音を
かき集め、時間で平均値を出しているとしか思えません。

最近は電子制御が効いて、“ウーン”とか”ウィーン”とかいった電子音が耳に付き、旧機種
のように作動音は大きくとも粛々と仕事をこなすタイプの方が個人的には好感が持てます。

とはいうものの、本来、手で洗うべきところを機械が代わりに働いてくれる訳ですから、
少々音がするのは当たり前。カタログ数値など全く気にする必要は無いと断言できます。
少なくともこの近年、うるさくて困るような商品は聞いたことがありません。

「6910」の41dbも調べてみたら足元巾木のところに1cm厚くらいのグラスウールの
ような断音材が入ってました。まあ、その程度のものです。

「G6910」の騒音レベルはと聞かれたら、「とても静かですよ」としか答えようがない。
食洗機の音を1つの数値で表すこと自体がナンセンスです。他メーカーとの比較も同様。

at 09:43, globeinc, ミーレ食洗機「G6910」の寸評

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら
trackback
url:http://globeinc.jugem.jp/trackback/159