<< ミーレ食洗機「G6910」の寸評 その4 バスケット | main | ミーレ食洗機「G6910」の寸評 その2 洗浄力 >>

ミーレ食洗機「G6910」の寸評 その3 乾燥力

  
 
今回は乾燥仕上がりについての報告ですが、実は、この部分が一番の驚きでした。
余熱乾燥なので、ある程度は割り切ってはいたのですが、ちょっとビックリです。

*ターボサーミック乾燥
  最終すすぎの高温を利用し、熱交換器と2つのファンで水蒸気を排水するシステム。
*リンスエイド(乾燥仕上げ剤)
  表面張力により水キレをよくし、くもりを防ぎ食器に光沢を与えます。
*オートオープン乾燥
  乾燥工程終了後、自動でドアを開け、外気を導入し素早くクールダウンします。
*4つのパワフルな白色LEDライト
  食器を取り出す際、白いバスケットに載った陶器やガラス食器を美しく照らします。

4っつの効果が微妙に絡み合い、まんべんなく役割を受け持ってる感じです。朝、ドアを
開けた瞬間から見違えるような満足感が味わえます。まさに「良いものを買った感」が
漂っています。

「オートオープン乾燥」は乾燥工程後に冷たい外気を取り入れ、さらに乾燥を促進させる
もので、洗浄後の水蒸気を排出するものと勘違いしてる人がいますが、それは間違いです。
天板がメラミンや天然石のように水に弱い素材でもダメージを与えることはありません。
ちなみに、この機能についてはエントリーモデル以外の全機種に備わっています。

上部に設置された小さなステーでドアを自動的にソフトに引き込む機構と、同じステーで
押し出すオートオープン乾燥機構とが1対のセットになっています。

LEDライトも単に視覚的な効果でしかないのですが、爽快な気分にさせてくれます。
ミーレの洗濯乾燥機は1灯、オーブンは2灯、何んとこの食洗機は4灯です。
ドアを開いて少し間をおいてからジワッと輝いてくる演出が憎い!

意外な脇役はリンスエイド(乾燥仕上げ剤)です。お客様には説明をしておきながら、
私自身は使ったことがなかったのですが、これが侮れない実力なのです。

本来、アルカリ性の洗剤を中和するためのものですが、酸性の収斂作用を利用し、水キレ
をよくし乾燥の促進、また配合のクエン酸で食器を輝かせる働きがあるようです。

ヨーロッパ製の食洗機でしたら例外なくご活用いただけます。ミーレの純正品です。

>>>お問い合わせ、ご連絡は
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102にてお問い合わせ下さい。

at 10:10, globeinc, ミーレ食洗機「G6910」の寸評

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら
trackback
url:http://globeinc.jugem.jp/trackback/157