<< ミーレ食洗機「G6910」の寸評 その3 乾燥力 | main | ミーレ食洗機「G6910」の寸評 その1 >>

ミーレ食洗機「G6910」の寸評 その2 洗浄力


ミーレ食洗機のすべてに[センサーウオッシュ」というプログラムがあり、「G6910」には
合わせて17種類のプログラムが組み込まれています。

*センサーウオッシュ  (普通の食器用、自動洗い)
食器の汚れや量に応じコントロール し、強力に洗います。経済性はもちろん、手洗いを
   圧倒的にしのぎます。
*センサーウオッシュ・ジェントル  (デリケートな食器用、自動洗い)
水圧を抑え,優しく洗い上ます。薄手の高級ワイングラスやクリスタルグラス等の食器類
を傷めず美しく仕上げます。 デリケートなワイングラスでも1500回以上の洗浄に耐え
るとのことです。

上記のプログラムは本当に素晴らしく、この10年での格段の進歩を感じます。
単に扱いやすいだけでなく、実用として優れているという意味です。

さらにこの合計17種類のプログラム内に、オプションとして
*ターボ機能・・・・洗浄時間を平均30%短縮。(通常より高温のため乾燥もよくなる)
*乾燥時間延長・・・乾き難い木製のマナ板やプラスチック容器などの乾燥を促進します。
*下段強力洗い・・・下段を強く、上段を優しくメリハリをつける。
*つけおき洗い・・・でんぷん系の頑固な汚れを浮かせます。 
等の追加オプションを各プログラム毎に、簡単操作で複数設定することができます。

ただ、17プログラムという煩雑さについては少々疑問です。最初のデスプレイ画面には
3種だけが表示され、他プログラムは1段づつスクロールするため面倒なうえ、プログラム
名が紛らわしく、解り難いのです。

珍しいコースだけをピックアップしてみましょう。
*ビールジョッキ洗い・・洗剤、リンスを使用しないで冷水で3度すすぎます。(所要17分)
*衛生洗い・・・・・70℃で本洗い,同温で3回すすぎます。赤ちゃんの哺乳瓶や食器用。
*ボトムソロ65℃・・・上カゴを外して寸胴鍋や背の高い花瓶が洗える、等々です。
*庫内洗浄・・・専用コースがあるのはうれしい。

最近はコンピューターのマップの書き換えで簡単に設定可能になったのだと思いますが、
他のコースでも代用が利き、標準7コースで十二分。何ら不満はありません。

次回は「乾燥機能」についてレポートしますが、実はこの分野が最大のハイライトです。

at 15:48, globeinc, ミーレ食洗機「G6910」の寸評

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら
trackback
url:http://globeinc.jugem.jp/trackback/156