<< ミーレ食洗機「G6910」の寸評 その2 洗浄力 | main | 次はミーレ食洗機「G5910」に取り掛かります >>

ミーレ食洗機「G6910」の寸評 その1


「G6910」は操作部がタッチセンサーになっていて、G5910に比べ表記文字は小さく
なったものの白色のLEDがクリアーで老眼の掛かった目にも大丈夫。全機種の中で
最も見やすいのがこのG6910でしょう。操作も実に簡単です。

意外だったのはリンスを入れないで放っておくと、やたら「リンス不足」の警告が
発っせられる事です。あまり頻繁に介入してくるので、仕方なしにリンスを補充した
ところ、乾燥仕上がりに劇的な変化が起こりました。まさに「目からウロコ」です。
詳しいことは本文でお話ししましょう。

ドアを開くと、いつもの白くコーティングされた3つのバスケットが美しく輝きます。
他メーカーのバスケットはどこもグレー色やベージュ色を使っていてくすんで見える
のですが、コストが同じなら何故、ミーレのように清潔なホワイトにしないのかとても
不思議です。

ドアを開けるとジワッと4灯のLED白色ライトがステンの内壁に映え心地よく、
可倒ピンのレバーがオレンジ色なのもアクセントになっています。この辺のセンスは
さすがにミーレは抜群で満足度が高まります。

以前、使用していたG600シリーズと比較してバスケットがやや骨太に逞しく
なってきたようです。3Dカトラリーの高さも厚くなったこともあり、実質的な
容量は小さくなってるかもしれません。ガッチリしたバスケットと内部容量との
関連についても注目していきましょう。

ミーレ食洗機に標準の「センサーウオッシュ」「センサーウオッシュ・ジェントル」
の2つのコースはとても秀逸で、これだけで食器洗いの90%は賄えると思います。
スタンダードでも全部含めて7コースもあるのですが、さらにたくさん増えている
とのことです。これも役に立つのか立たないか、併せて検証していきます。

次回は取り敢えず、この新しい洗浄プログラムからレポートしていきましょう。

at 17:26, globeinc, ミーレ食洗機「G6910」の寸評

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら
trackback
url:http://globeinc.jugem.jp/trackback/155