マーベ新型冷凍冷蔵庫 (ORE24VG SS) 新登場!

長年マーベの冷蔵庫(PSI23)を愛用していたものだが最近調子が悪くなっていた。そんな矢先、マーベから

新製品が出たというので早速、乗り換えてみた。おなじみのドアを開けずに氷が取り出せる自動製氷機付きの

冷凍冷蔵庫である。新発売になりました。

 

外形寸法はほとんど同じまま容量が623Lから666Lにアップして、消費電力も、従来比59%に抑えられて

います。またサイド部までステンレスで覆われたため単独で置いてもカッコよくなった。(写真はビルトインです)

今回はそのレポートを記載いたします。(商品の詳しい説明はいづれこのコーナーでご説明することにして・・・)

 

美しい写真ではありませんが感じは分かっていただけるでしょうか?

ステンレスドアはアメリカ型冷蔵庫にありがちな波打った感じはなくピシっとした緊張感が感じられ、

まるでヨーロッパ製のようです。ハンドルやアイスディスペンサー廻りもスッキリとして無駄が

そぎ落とされたような感じです。

 

内側はLEDライトが多用されていてとても明るくなってます。重かったドアもずいぶん軽くなりました。

多くの人の支持を受けると思いますが、ただお値段は税別定価¥900.000−とビッグになりました。

旧タイプ(定価¥600,000ステンレス)と比べると安い方が良いという人がいても不思議ではない。

ご安心ください。依然として、現行タイプも並行して販売しています。またこの高価なモデルにも財布の

負担が軽くなるようなダイナミックなオファーもご用意してますので改めてお問い合わせください。

 

いづれ近いうちに詳しい第2弾をレポートいたします。お楽しみに。

 

 

お問い合わせは、お問い合わせフォーム06−6252−0102 までお問い合わせください。

 

 

You Tubeで面白い曲を見つけました。「子供のための組曲 長澤勝俊」で検索ください。

和楽器を集めた室内楽です。各楽章ごとにモチーフが定まっていて名のある方の作曲と思われます。

元来、音程が不安定になりがちの和楽器を巧みに扱って見事にまとめ上げています。

「邦楽合奏団 27回定期演奏会」の分がよいでしょう。

 

和楽器の将来を指し示す、一つの試みと思われます。童心に帰って素直な気持ちでどうぞ。

at 14:46, globeinc, 新製品情報

-, -, - -

ミーレ新型乾燥機について

  新発売された衣類乾燥機のトピックスについて、下記の3点をご紹介します。

 

     *乾燥方式がコンデンサー式からヒートポンプ式に変更

 

 

  エアコンや冷蔵庫で使用される冷媒を使用することで電気代の大幅節電(従来のミーレ製品比較で

  半分以下)を実現。熱交換器のフィルターのお手入れもずいぶんと簡単になり、乾燥容量も

  新型洗濯機と同じ9kgになりました。(従来のミーレ製品は7kg)

 

 フログランス ドス  搭載(乾燥工程中にお好みの香りで包み込みます)

 

  二種類のフラコン(装着用の香りの容器)をセットしてご家庭内でのお好みに対応可能。

  香りづけの強さも調節可能で、お洗濯物の香りは約4週間持続します。

      また1個のフラコンで約50回使用できます。

 

  Wi-fiコネクトを搭載。(リビングや外出先のスマホから遠隔操作が可能)

 

   新型洗濯機とデザインも機能も共有できるようになりました。

 

        ただいま新発売中につき特別オファーを準備しています。

       詳しくは、 お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102にてお問い合わせ下さい。  

  

 

   今日はYou Tubeで「あいみょん マリーゴールド」を検索してお楽しみください。

   若い方には知られたヒット曲ですが、この曲はお年を召した方にも聴いてもらいたい。

 

   若いころフォークソングに共感してた人が松山千春や井上陽水の出現でニュー

   ミュージックと称されるようになり、歌謡曲化したとお嘆きの貴方に、

   ネジを逆向きに巻いて少し懐かしいフォーク時代に引き戻してくれるでしょう。

 

        

at 14:42, globeinc, 新製品情報

-, -, - -

速報!!  ミーレ衣類乾燥機 新発売!

 

          ミーレ衣類乾燥機   ミーレ洗濯機

           ¥360,000(税別) ¥380,000(税別) 容量はどちらも9kg

 

昨年7月に新世代洗濯機がデビューしたものの、乾燥機の方は旧型のまま流用していたものだが、

ようやくこの4月22日新発売にこぎ着けました。(写真左)

 

床の間に飾りたくなるような美しさで、排気ダクトのような無粋なものも見当たらない。この置き順で

並べればハッチも観音開きになり洗濯物の移動も簡単。(二段重ねもビルトインも可)

 

お値段は2台まとめて74万円とゴージャスだが、比類ない機能と性能でこれさえあればお洗濯は完璧。

      貴女はお洗濯の名コンダクター。

 

もはや、洗濯機という白物家電ではなく、ランドリーシステムといえそうです。

 

ぜひ、一見の価値ありという訳で、すでにグローブショールームにて展示中

詳しい商品解説はいづれこのブログで。

 

お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102にてお問い合わせ下さい。

at 17:10, globeinc, 新製品情報

-, -, - -

食洗機に新しい仲間が増えました(2)

皆様はBOSCH(ボッシュ)という名前をご存知でしょうか?

 

私が転職して輸入キッチンビジネスに手を染め初めてはや35年程になりますが、当時はビルトイン機器

と云えばまともなものはこのボッシュ位しかなくて、ナショナル(現パナソニック)、日立などもボッシュ

を手本にしてフロントオープンの食洗機をを出していたものの実力は悲しいかな大人と子供といったところで、

今に至ってもその差は縮まっていないように思われます。

 

そんな私にとってボッシュというのはいわば初恋の味のような存在で、耳にするだけで胸がキュンとなって

しまいます。ボッシュが思い出の人で、ミーレが恋女房のようなものでしょうか?

 

それがようやくグローブのSRに並ぶ運びとなりました。もちろん私たちにとってミーレは間違いなく主力

製品ですし、今後も絶えることなくミーレを積極的に販売していく事にいささかも迷いはございません。

 

しかしながら、ボッシュも素晴らしい商品で、リーズナブルな価格でメンテに問題がないとしたら、販売店

として皆様にご検分していただく責任もあるのではと、思い切って展示することにいたしました。

 

私たちはどのメーカーであれ、それぞれの商品の長所、短所をきちんと説明したうえで、お客様の判断に

ゆだねたいと思っています。どちらをお選びになるかはすべてお客様の自己責任におまかせします

依怙贔屓は一切致しません。(申し遅れましたがガゲナウも展示しています。45cmのみ)

 

すでに展示も終わっておりますので、心斎橋ショールームでご自由にご覧くださいませ。

ほぼ同時期に展示したミーレ120周年モデルとも併せてご検討ください。

 

                                         店主敬白

お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102にてお問い合わせ下さい。

 

at 16:56, globeinc, 新製品情報

-, trackbacks(0), - -

ミーレ新型洗濯機発売のお知らせ

 

7月1日(月)より、ミーレ新型洗濯機(洗濯、乾燥分離タイプ W1)が新発売!

 

特徴

*洗濯脱水容量 9kg

*自動洗剤投入システム TwinDos   Cap dosing

*多種な設置方法 単独置きビルトイン二段済み、スロットルインすべてOK

WiFiConn@ct(ワイファイコネクト)ご自宅のWiFiルーターを経由して

 ネットワークでつなぎ外部からコントロールが可能

Miele@mobileアプリ スマホやタブレットにアプリをインストールし、外部から

 機器の状態のチェックやリモート操作が可能

*新設計の9kg対応用専用ハニカムドラムを搭載

*プレアイロニング 外ドラムにたまった水を加熱してスチームすることでアイロン

 掛けの手間を約50%削減

*価格 税別定価¥380,000−

 

等々、盛り沢山。

 

 

発売日より3か月の期間限定での特別オファーを行っています。お気軽にお問合せ下さい。 

 (エンドユーザー様ご注文分のみとさせていただきます。ご了承くださいませ。)

at 16:44, globeinc, 新製品情報

-, trackbacks(0), - -

ミーレの食洗機用純正洗剤について考えてみる

 

そもそも機器を販売するメーカーが、自社でオリジナルの純正洗剤を売り出すのは珍しいことだ。というより

聞いたことがない。これを良心的と言おうか商売上手というべきか・・・・

 

特に今回のマイナーチェンジで純正指定でのスピードコースを作り出したのだから、何かが違うはずだ。

ミーレジャパンは純正洗剤の効用を確かなデータをもとにアピールする責任があると思うのだが・・・・

だがメーカーからはこの一般洗剤との違いについて詳細な説明はない。

 

ミーレも白物家電は十八番でも洗剤の開発には苦労したはず。専業メーカーからの協力や開発費もそれなりに投じたと

思う。そこは敢て目的をもって行動しているはずだ。以前は私も市販の洗剤を利用していたが、純正に切り替えて

半年になるが、洗い上がりの質感が1ランクアップしたような気がして今も純正を使い続けている。洗剤がきれたからといって

スーパーに行って「フィニッシュ」を購入する気にはなれないのだ。そう、習慣性のものなのだ。

 

ここは重要なところだ。視点を変えてみよう。

ミーレ食洗機のもっともベーシックな60cmWモデルはG6620SCu(税別定310、000−)だ。

これを購入して15年間、毎日使用すると1日当たりの償却は

  310000/1台÷15年÷365日/年=56.62円/1日の償却になる。ミーレなら15年はもつ筈。

 

一方、純正洗剤は、最小発注単位が60個で3400円。即ち1個56.6666円になる。

 

お分かり頂けたろうか?「G6620」を購入されたお客様が「パワークイックウオッシュ」を気に入って毎日15年間

純正洗剤を使用されたとしたら、15年目にもう1台食洗機を購入されたと等し並みな経済効果を居ながらにしてミーレは

得ることになる。リンス剤も併用されたとしたら効果はさらに大きいことは云うを俟たない。

 

これは十分にミーレがこの洗剤についての詳細を語る責任があるという証だ。食洗機を販売するのに等しいエネルギーを

費やす価値がある。カタログ1枚で済ませる問題ではない。

さらに視点を変え、

ここに新婚カップルがいるとしよう。この家庭ではミーレ食洗機を設置することにした。すぐにベイビーが生まれたとしよう。

このベイビーは母親が毎日ミーレを使用し、ミーレを絶賛する声を聞くという環境の中で育っていくのだ、しかも毎日使う洗剤

もMIELEと書かれた箱から出してくる。洗剤がなくなると母がミーレに注文してる姿を横目に育つのだ。

 

このベイビーがやがて所帯を持った時、ミーレ食洗機を購入することに躊躇するだろうか? 仮に慎重な性格であったと

して、日本製を確認に行ったとしよう。ミーレを見慣れた目には、ミーレ以外の選択肢はないことに改めてすぐ気付く

ことだろう。

また母親も、20年使って買い替える必要が生じたときミーレ以外を購入するだろうか? ミーレ60cmWに慣れた人

には最早とうてい日本製には戻れまい。こうしてミーレの連鎖がスタートするのだ。

 

ここが大切なのだが、10年20年後を考えると、ここできちんとミーレ純正洗剤の素晴らしさをアピールしておく

ことが特に重要だと思う。ほっておいてもミーレオンラインショッピングにひっかかってくるとスマしてる場合では

ないのだ。メーカー、代理店が共に協力して純正洗剤、リンス剤、庫内洗浄剤を積極的にアピールしていく必要が

あると思う。(まずミーレ機器の普及が前提条件になるのだが) 純正ケミカル製品を販売治具としてもっと活用

すべきである。まずともかく浸透させることだろう。

 

お問い合わせは、
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102 ご連絡ください。

 

 

 

 

at 16:27, globeinc, 新製品情報

-, trackbacks(0), - -

ミーレ純正「庫内洗浄剤」も変わりました。



「庫内洗浄剤」とはあまり聞き慣れない言葉です。未体験の方も多いと思います。

前回のリンス剤の変更を受けて食洗機用の「庫内洗浄剤」も容器が変わりました。
(写真左から右)以前のものより安全に保管でき、少しは使い易くなっているんです。

食洗機内の水垢、カルキ、油汚れを洗浄するもので、小さなお子様がいてよく油料理を
されるご家庭はフィルターの周りが油ぎってることがあります。
またカルキで内部が白くなってるケースも。

そんなお宅は1年に3〜4回くらい試されることをお奨めします。 
食洗機のパッキングも長持ちするんだそうです。

現モデルでもG6300以上は「庫内洗浄」コースがあるし、別に「ノーマル55℃」でも
構いません。洗浄剤のフタを開け、セットして空洗いするだけでいいんです。
一回で使い切りです。

1個1500円と少し高価ですが年に数回お使いいただくだけで庫内はいつもピカピカ。
モノは試しで、リンス剤と一緒に1個からでもご購入されたらいかがでしょう。


庫内洗浄剤のご購入、お問い合わせは、
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102にてご連絡ください。


 

at 11:34, globeinc, 新製品情報

-, trackbacks(0), - -

新型電子レンジオーブンのご紹介

新型「電子レンジ機能付きコンパクトオーブン」2機種についてのお知らせです。
庫内容量43Lのコンパクトオーブンに本格的な電子レンジ機能が付加されます。

*H6400BM     上代¥398,000(税別)
  ヒーターで食材に焼き目を付け、マイクロ波で芯まで素早く調理します。
  30℃―250℃まで幅広いお温度設定が可能で、43Lのゆとりある庫内容量。

  操作部やハンドルのデザイン以外は機能的には従来型とほとんど変わりませんが、
  「余熱利用調理」が加わりプログラム終了前に加熱を自動停止し、余熱で無駄なく
  焼き上げるという機能が加わりました。



*H6800BM  上代¥598,000−(税別)
  上記の機能にプラスして、「ミートセンサー」が付いていて、ダイヤル操作の代わ
  りに「M Touch Display」が備わります。
      デジタルでアナログ時計を表示するのは斬新! (写真左)
     
  独自のレシピを20種まで保存することができ、お年寄り用の簡単なレシピを予め
  インプットしたり、お得意のコースを記憶させておくことができます。(写真右)

ついでにと言っては何んですが、新しく「グルメビルトインウォーマー」が同時発売に
なりました。




本来は大型オーブンと並べた時、高さを調整するための引き出しに利用しますが、中の
温度が40℃〜85℃まで5段階に設定でき、お料理、食器などを保温、低温調理、
またヨーグルトを発酵させたりと積極的に利用できます。


お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102にてお問い合わせ下さい。

 

at 15:43, globeinc, 新製品情報

-, trackbacks(0), - -

新発売!ミーレスチームオーブンのご案内

今回はとっておきの本格的ミーレ・スチームオーブンのご紹介といきましょう。



プロの料理人の間では今やスチームオーブンは常識となっていて、これがなければ商売にならないと。
ところが家庭用としては市販の機種も少ないせいか、さほど話題になってるとは思えない。

以前、ガゲナウに設備直結型のスチームオーブンがあって、納めた数は少ないものの、使いこなした
お客様からは大満足で絶賛だったように記憶している。

そんなこんなでミーレから本格派の新登場だ。

特徴として
*スチーム、オーブン、コンビと多彩な本格派。
*6か所からスチームが噴出し、素早い調理。中の酸素を排出するため素材が酸化しない。
*1%毎の湿度と1℃毎のデリケートな温度設定が可能(最高湿度100%、最高温度225℃)
*庫内容量48Lのゆとり(間口が46cm、奥行43cm、高さ25cmの庫内)
*調理中でもドアを開けずに水の補給が可能。同時に庫内の余った水分を別の水タンクに回収可能。
*ミートセンサー付き。(お肉の内部温度を感知)
*自動プログラムの他にオリジナルレシピを10種類インプット。
*ミーレ独自のパーフェクトクリーン仕上げ(スチームで汚れが浮き出てお手入れ簡単)

といった嬉しい機能にお得意の「M Touch Display」だから取り扱いも実に簡単。

ミーレスチームオーブン  DGC6800  上代¥840,000−(税別)

このプライスをどう判断したらよいだろう? 一見、浮世離れしたプライスだが、視線を変えて
みればすごくお安いような気もしてくるのだが・・・・
ネットで業務用(家庭用はない)を調べてみても、庫内容量を考えると随分お得に感じる筈。

46cmの間口に48Lの大容量。ハイテク、多機能という日本人好みの設定だ。
何よりビルトイン型のシンプルで美しいデザインを考えると料理好きにはもう堪らない。

ここは是非とも自宅に設置して、このブログ内でレシピを紹介していきたいところだ。
連載にするとプレッシャーがかかるのでスポットで発表していければいいなと、
まあ、乞うご期待という事で・・・・

お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102にてお問い合わせ下さい。

at 13:52, globeinc, 新製品情報

-, trackbacks(0), - -

ミーレ新型電気オーブン(60cmW)のご紹介

まずは一番人気の大型電気オーブンから始めましょうか。


機種は3種
*ハイエンドモデル   H6860BP   ¥750,000−(税別)
  オーブンの性能はもとより「M Touch Display」というのが売りで、スマホのようにスワイプ
  したり、プログラムを置き換えたり、日本語に対応したり。スマホのタッチをオーブンに持ち
  込むあたり画期的というか、夢があるというか・・・  
      本気で定着させようという気があるならもう少しチャレンジングな価格設定が欲しかった。

*ミドルモデル     H6461BP   ¥498,000−(税別)
  基本的には従来のハイエンドモデルH5461BPと機能はほぼ同じで、スチーム機能や
  熱洗浄システムが備わっている。ダイヤル式からフラットなタッチセンサーに、また調理
  終了前には加熱を自動停止させる省エネ機能もプラスされている。

  カラーはステンレスとホワイトから選べ、価格は同じ。

*エントリーモデル   H6260B    ¥378,000−(税別)
  スチーム機能が追加されたのはトピックスだが、熱洗浄システムがなくなったのは少し残念。
  スチームは熱伝導を良くし、時間を短縮させる効果がある。熱洗浄システムは400℃以上
  で結構な時間がかかるせいか、ベーシックタイプは省エネ志向が色濃く出ている気がする。

  タッチセンサーよりダイヤル式のほうが使い易いという人もいるだろうし、庫内はもともと
  お掃除しやすくなっているので、これはこれで正解かもしれない。

全機種スチーム機能付は誠に喜ばしい。こればかりは他メーカーでは望めないことだから。

後はショールームで目で見て、手で触れてご確認を。
グローブでは6月6日よりご覧いただけます。正式発売は6月25日より。

at 12:42, globeinc, 新製品情報

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら