洗濯機の歴史 中篇

 

更にミーレの革新性はとどまることを知らない。

1956年 世界初の全自動洗濯機がミーレから登場。

      一つの洗濯槽で洗う、すすぐ、脱水が行える完全自動型の登場。

      ようやく洗濯が重労働でなくなった瞬間でもある。

 

      さらにその数年後にはミーレから一つのダイヤルですべて操作できるという

      画期的な洗濯機も発表される。

 

1978年 これまた世界初となる電子制御による洗濯機が登場。

      ついにお洗濯もコンピュータが管理する時代に突入する。

 

      以後、コンピュータが水や電気の節約をコントロールする重要な

      ファクターとなっていく。

 

1989年 ノボトロニク制御という高性能電子コントロールシステムを開発。

      刻々と変化する庫内の情報をモニターし、的確に対応できる

      ようになる。

 

      この技術がのちに、ウール、シルク等デリケートな衣類の洗濯を

      可能にした。

 

1995年 世界初の「アップデイトシステム」を全機種に搭載。

      洗濯機を購入後、技術革新などによりプログラムの変更の必要が

      生じたときバージョンアップすることができる機能だ。

 

      機器には耐久性を持たせ、ソフトは後から変更できるようにし、

      本当の意味で長期の使用に耐える商品を実現。

 

                             つづく

 

     ミーレの情報やお得情報をメールで配信します。ご希望の方はここをクリックして

     会員登録をお願いします。

 

at 12:42, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

洗濯機の歴史 前篇

 

ミーレが最初に手懸けた製品は「バター製造機」だった。1899年のことだった。

生クリームに塩を混ぜシェイクすることでバターができることは小学生でも学校で習う。

イギリスでは今でも生活必需品のことを「Bred & butter」という。

 

そんな「バター製造機」だが耐久性の高さから一般家庭よりプロの間で持て囃された様だ。

やがてその「バター製造機」からインスピレーションを受けて木製の樽を大きくし、

撹拌棒の角度を変えることで前代未聞のユニークな商品を作り出した。それが・・・・

 

1901年「世界初の洗濯機」の登場だ。

ドイツの冬は寒くて暗い。水資源は貧困だ。当時の主婦にとって洗濯はとんでもなく

重労働だったろう。当時のサラリーマン2年分の稼ぎと引き換えに、その利便性から

洗濯機は売れに売れた。以後、「洗濯機のミーレ」が定着することに。

 

1914年には世界初の電気モーター式の洗濯機を登場させている。

面白いのは、当時ドイツでも電気の通ってない地域が多かったようで、何んと水力発電式

電気洗濯機も同時に登場させていた。脱水機もモーターでつなぎ労力は一気に軽減された。

 

1930年にはお馴染みのドラム式洗濯機が初めて商業用として登場。木の樽に水と

洗濯物と洗剤を入れ、福引のガラガラのように回すものだったという。

これが家庭用として普及するのはもっと後年の話となる。       次回に続く

 

 

ミーレの情報やお得情報をメールで配信します。ご希望の方はここをクリックして

会員登録をお願いします。

 

at 16:48, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

くる年

 

明けましておめでとうございます。

   本年もよろしくお願い申し上げます。

 

毎年つぶやいてますが、今年こそ飛躍の年に

    したいと思っています。

 

新年は1月6日(日)より平常通り営業しています

   心斎橋にお越しの方は是非お立ち寄りくださいませ。

 

今年も皆様同様、良い年でありますように。

 

                   店主敬白

at 08:13, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

ゆく年

 

今年も1年、皆様には大変お世話になりありがとうございました。

 

今年はあれやこれやと手を出して中途半端で終わってしまいました。

 

25周年を迎える来年こそは目標必達の精神で年初から飛ばして

 

行きたいと思います。

 

 

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

 

尚、本年は27日(木)で終業でございます。

 

来年は6日(日)より平常通リオープンいたします。

 

来年も変わりませずご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

 

                        店主敬白

at 12:27, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

グローブ25周年キャンペーン [マーベ冷凍冷蔵庫]の巻

 

来年の25周年に先駆けてキャンペーン第一弾として「マーベ冷凍冷蔵庫」(写真)をご紹介します。

 

我々業者から見れば、冷蔵庫は年中活用する割には何故か夏場になると需要期を迎えます。

理由はよくわかりませんが日本の酷暑に耐えられずヘタってしまう冷蔵庫が多いせいかもしれません。

壊れると待ったなしですぐに代替え品を調達せねばなりません。夏場、しかも食品に係る部分ですから。

 

そこで提案です。余裕のある間に、いい条件で次の冷蔵庫を押さえるという賢い買い物を推奨いたします。

そこでこのキャンペーンの登場です。

 

機種はMSMS2LGSS(ステンレス) 税別定価¥600,000−

   MSMF2LGWW(ホワイト)  税別定価¥550,000− の二機種です。 容量623L

 

この機種を選んだのは

理由1)サイズは大型ながら奥行が浅く日本のキッチンにも合わせやすい事。

理由2) 以外と背は比較的低く日本人にも取り出しやすい事  

理由3)給水栓直結による自動製氷、アイスディスペンサー(浄水器付)と日本では得られない機能がある事。

理由3) デザインに迫力がある割には価格がリーズナブルな事。

 

多少大味ながら、古き良き時代の豊かなアメリカを感じさせるものです。すでにショールームには展示中です

のでおついでの際にご来店ください。条件等はご登録いただいた会員様ご来店のお客様のみにメールで提示

いたします。今、静かな人気のワインセラーも加えたとっておきのキャンペーンです。お楽しみに!!

 

                 会員登録はここをクリックしてください。

 

at 12:15, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

カミングアウト

 

今だから白状しますと、私、昨年4月に脳梗塞で倒れてしまいまして、意識はあるのに体が動かなくなって

緊急入院したものの、医者からは再三「助からないかも・・」と云われ続け、家族は落ち込んでいたようです。

 

神のご加護か、生死の狭間から蘇ってしまいました。病気の件はスタッフには口止めをしたものでした。

風評被害を恐れたからですが、どうもそれは全くの杞憂に終わったようで、私が1年の約半分をリタイアする

間にグロ−ブの業績が前年比25%もアップを果たしてしまいました。私にすれば「何んのこっちゃ!」です。

 

先哲の教えによる「会社の社長は自ら販売を手掛けるより、利益の出る仕組みを考えよ」を図らずも地で行って

しまった次第ですが、ただただスタッフに感謝です。社内の全員がスキルアップしたようで安心感が増しました。

 

今も後遺症は残りますが来店されたお方を接客するのは楽しいもので、朝起きた瞬間から今日はどんなお客様と

出会えるか、もうワクワクしてしまいます。体調を整えてもう一度お客様の前にフルに立てるようなりたいです。

 

   そうなったらグローブのキャッチコピーを次のようにして、ブランディングを立てようかな。

         「杖をついたジジイが熱心にミーレを薦めるお店」と。

 

病気の恩恵といえばもう一つあります。集中治療室で寝ている間に壮大な夢を見ていました。既納客様の潜在力を

もう一度掘り起こす新しいビジネスモデルを組み立てました。内容は恐ろしいほどリアルに覚えてるんです。

必ず成功します。

 

さすがにこの歳になると、お金に対する執着心は薄れ、只々良い仕事をしたいなと。また、今年生まれた初孫に

おじいちゃんの生きてきた足跡を差し示したいという思いもあり、何んとしてももう一旗揚げてみたいものです。

 

来年はグローブ25周年のキャンペーン既納客様と会員様だけを対象に1年を通じて連続で打つ予定です。

ご興味がなければ無視してください。面白そうなら乗っかって、いずれにせよ貴方にご損はないはずです。

このキャンペーンにご興味のある方は、下記から会員登録をお願いいたします。

 

                                                                    グローブ 店主

at 17:06, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

もう一つの25周年

 

ミーレ・ジャパン25周年記念の食洗機で右往左往しているうちに

ふと我に返ると 何んとっ!

 

       グローブは来年、25周年を迎えることに気が付いたっ!!!!

 

忙しくしているうちにすっかり忘れてた。

思えば平成6年11月に神戸・三宮で創業し、年末年始の挨拶も冷めやらぬ頃、翌年1月17日にあの阪神大震災だ。

廃墟のような神戸の街を眺めながら、当時、将来に希望の持てるはずもなかった。

 

暗闇の中を懐中電灯で足元を照らすように、目の前に迫ったことだけを精一杯やることで何んとか凌いできたが、

そこから10年後に現在の心斎橋に移って早15年。若さだけが取り柄だった会社も25年が経過して随分とロートル

になったものだと、いまさらながら感慨にふける。

 

昨年はミーレの25周年モデルという、さして面白くもない企画ですら(面白くないのは製品ではなく企画です)

それなりの成功を収めたのだから、われわれ販売のプロが本気を出して25周年キャンペーンを企画すればどんな

面白いものが出来るだろうと、今からワクワクしてる。

 

昨今は情報の浸透が速いので派手なことをするといろいろ市場を混乱させてしまう。ここは地味派手に徹して

まずは既納客様をベースにe-mailで情報を発信していき、25周年を機に新規顧客も開拓したいのでご登録いた

だいた方のみの限定でキャンペーン情報を発信してまいります。絶対無二のお得情報になるでしょう

 

    25年の信用と威信にかけて情報の悪用はいたしません。またいつでも配信のストップが可能です。

             下記をクリックして会員登録をお願いいたします。

            「有限の資産を、無限の価値に変える」 グローブのモットーです。

 

 

at 14:20, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

ミーレ120周年キャンペーンのお知らせ

お陰様で25周年モデルは完売となりました。昨年から今年にかけて随分たくさんのお客様から

ご注文を賜りました。本当にありがとうございました。後は展示品1台を残すのみとなりました。

 

ところでというか、その舌の根も乾かぬうちに120周年記念が始まった。

何の120年かと思いきや、今回はドイツ・ミーレ創業120年ということらしい。

 

思えば120年前に高級バター攪拌機を発売し、その原理を応用し,前代未聞の世界初の電気洗濯機を

世に送り出した訳だが、そのアニバーサリー商品として何んと、普通の45cmW食洗機ときた。

 

何んとも地味なスベりようだが、日本では45cmの方がマッチングの良いケースがままあり、リーズナブルで

低コストの食洗機もまた人気で、それはそれなりに評価しておくことにしよう。 

             価格はまたまた25万円(税別)ときたもんだ。

 

        「まずは創業120年、おめでとう!!  そして120週年モデルよ、今日は!」

 

 

          120周年モデルの詳細はこちらをクリック

 

 

                                      グローブ 店主

                                        

at 13:45, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

夏休みお知らせ

 

グローブの夏期休暇のお知らせです。

8月12日(日)〜8月15日(水)までです。

 

元々、水曜日が定休日ですのでご注意ください。

 

8月11日(土)山の日 は平常通リ10:00〜17:00までオープンしています。

 

ご来店の場合はご予約くださいませ。お客様がダブッた場合は優先させていただきます。

 

皆様のご来店をお待ちしています。 

 

 

at 15:51, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

ミーレ スチームオーブン アクセサリープレゼントキャンペーンのお知らせ

ミーレが打ち出してきたキャンペーンのご案内です。

前回、お約束の洗濯乾燥機の解説は次回ということで・・・

 

対象品目はスチームオーブンDGC6800(税抜)¥840,000−です。

 

サービス品:アクセサリーセット       

       *HUB5001-M ベーキングディッシュ(小)X1

       *HBBL71 穴明きユニバーサルトレイX1

       *HFC71 フレキシクリップX1              (税抜¥71,000−相当)      

 

 

期間:2018年12月26日(水)まで

 

この時期、唐突にキャンペーンが出てくるという事は、販売に苦慮している様子だ。

だが何せこの価格だ。少々のオマケで突然売れ出すとは思えない。

この聞き慣れない珍しい商品を浸透させる地道な努力が必要だ。

 

もとより日本にはオーブンが定着してるとは言い難い。欧米人にとってはパンを焼く道具で

日本でいえばご飯を炊く炊飯器のようなものだろう。普及率が違うのだ。

 

ところが・・である、

プロのシェフに聞くと、今どきスチームオーブンがなければまるで商売にならないんだそうな。

焼き上がりの食感とスピードがまるで違うんだと。

ミーレの価格を伝えると、思わず「安い!」と言い放った。

 

そのシェフの言うには家庭用とはいえこのサイズがあれば

30席までのレストランであれば回せるのでは・・・・・・・とのことでした。

 

このオーブン、スチームクッカー、スチームオーブンと完全に3役をこなす、

お料理好きで、お料理自慢の貴女、ここでしか得ることのできない

本格調理機器にチャレンジされてみてはいかがだろう。

ビルトインキャビネットの製作、設置、電気工事、調理法の説明まで責任をもって対処いたします。

 

このスチームオーブンのレシピ集を差し上げます。(手元に5冊ほどあります))

まずはこの辺から研究されてみてはいかが?

ちなみにミーレのホームページにもレシピが沢山載ってますョ。

 

お問い合わせは、
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102 ご連絡ください。

at 11:20, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら