もう一つの25周年

 

ミーレ・ジャパン25周年記念の食洗機で右往左往しているうちに

ふと我に返ると 何んとっ!

 

       グローブは来年、25周年を迎えることに気が付いたっ!!!!

 

忙しくしているうちにすっかり忘れてた。

思えば平成6年11月に神戸・三宮で創業し、年末年始の挨拶も冷めやらぬ頃、翌年1月17日にあの阪神大震災だ。

廃墟のような神戸の街を眺めながら、当時、将来に希望の持てるはずもなかった。

 

暗闇の中を懐中電灯で足元を照らすように、目の前に迫ったことだけを精一杯やることで何んとか凌いできたが、

そこから10年後に現在の心斎橋に移って早15年。若さだけが取り柄だった会社も25年が経過して随分とロートル

になったものだと、いまさらながら感慨にふける。

 

昨年はミーレの25周年モデルという、さして面白くもない企画ですら(面白くないのは製品ではなく企画です)

それなりの成功を収めたのだから、われわれ販売のプロが本気を出して25周年キャンペーンを企画すればどんな

面白いものが出来るだろうと、今からワクワクしてる。

 

昨今は情報の浸透が速いので派手なことをするといろいろ市場を混乱させてしまう。ここは地味派手に徹して

まずは既納客様をベースにe-mailで情報を発信していき、25周年を機に新規顧客も開拓したいのでご登録いた

だいた方のみの限定でキャンペーン情報を発信してまいります。絶対無二のお得情報になるでしょう

 

    25年の信用と威信にかけて情報の悪用はいたしません。またいつでも配信のストップが可能です。

             下記をクリックして会員登録をお願いいたします。

            「有限の資産を、無限の価値に変える」 グローブのモットーです。

 

 

at 14:20, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

ミーレ120周年キャンペーンのお知らせ

お陰様で25周年モデルは完売となりました。昨年から今年にかけて随分たくさんのお客様から

ご注文を賜りました。本当にありがとうございました。後は展示品1台を残すのみとなりました。

 

ところでというか、その舌の根も乾かぬうちに120周年記念が始まった。

何の120年かと思いきや、今回はドイツ・ミーレ創業120年ということらしい。

 

思えば120年前に高級バター攪拌機を発売し、その原理を応用し,前代未聞の世界初の電気洗濯機を

世に送り出した訳だが、そのアニバーサリー商品として何んと、普通の45cmW食洗機ときた。

 

何んとも地味なスベりようだが、日本では45cmの方がマッチングの良いケースがままあり、リーズナブルで

低コストの食洗機もまた人気で、それはそれなりに評価しておくことにしよう。 

             価格はまたまた25万円(税別)ときたもんだ。

 

        「まずは創業120年、おめでとう!!  そして120週年モデルよ、今日は!」

 

 

          120周年モデルの詳細はこちらをクリック

 

 

                                      グローブ 店主

                                        

at 13:45, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

夏休みお知らせ

 

グローブの夏期休暇のお知らせです。

8月12日(日)〜8月15日(水)までです。

 

元々、水曜日が定休日ですのでご注意ください。

 

8月11日(土)山の日 は平常通リ10:00〜17:00までオープンしています。

 

ご来店の場合はご予約くださいませ。お客様がダブッた場合は優先させていただきます。

 

皆様のご来店をお待ちしています。 

 

 

at 15:51, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

ミーレ スチームオーブン アクセサリープレゼントキャンペーンのお知らせ

ミーレが打ち出してきたキャンペーンのご案内です。

前回、お約束の洗濯乾燥機の解説は次回ということで・・・

 

対象品目はスチームオーブンDGC6800(税抜)¥840,000−です。

 

サービス品:アクセサリーセット       

       *HUB5001-M ベーキングディッシュ(小)X1

       *HBBL71 穴明きユニバーサルトレイX1

       *HFC71 フレキシクリップX1              (税抜¥71,000−相当)      

 

 

期間:2018年12月26日(水)まで

 

この時期、唐突にキャンペーンが出てくるという事は、販売に苦慮している様子だ。

だが何せこの価格だ。少々のオマケで突然売れ出すとは思えない。

この聞き慣れない珍しい商品を浸透させる地道な努力が必要だ。

 

もとより日本にはオーブンが定着してるとは言い難い。欧米人にとってはパンを焼く道具で

日本でいえばご飯を炊く炊飯器のようなものだろう。普及率が違うのだ。

 

ところが・・である、

プロのシェフに聞くと、今どきスチームオーブンがなければまるで商売にならないんだそうな。

焼き上がりの食感とスピードがまるで違うんだと。

ミーレの価格を伝えると、思わず「安い!」と言い放った。

 

そのシェフの言うには家庭用とはいえこのサイズがあれば

30席までのレストランであれば回せるのでは・・・・・・・とのことでした。

 

このオーブン、スチームクッカー、スチームオーブンと完全に3役をこなす、

お料理好きで、お料理自慢の貴女、ここでしか得ることのできない

本格調理機器にチャレンジされてみてはいかがだろう。

ビルトインキャビネットの製作、設置、電気工事、調理法の説明まで責任をもって対処いたします。

 

このスチームオーブンのレシピ集を差し上げます。(手元に5冊ほどあります))

まずはこの辺から研究されてみてはいかが?

ちなみにミーレのホームページにもレシピが沢山載ってますョ。

 

お問い合わせは、
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102 ご連絡ください。

at 11:20, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

速報!! ミーレ新型洗濯乾燥機 発売!

今年の初め、このブログで「初夢」と題して偶然インスタグラムで見つけたミーレの目新しい洗濯機の

写真を掲載したが、どうもそれが図らずも「正夢」となったようだ。

 

3月1日に新発売のミーレ洗濯乾燥機を改めてご紹介しよう。

 

 

この洗濯乾燥機を前にして、初めての方、全員が「どうやって開けるの?!」と戸惑うに違いない。

 

この仕掛けはイタリア車の「アルファロメオ147」を連想させるものだ。リアのドアハンドルが

ブラックアウトされたCピラーに隠されていて4ドアのくせに、スタイリッシュな2ドアに見えるという、

まあ乗って楽しい車では無いが、イタリア的な洗練さに包まれた車だ。

 

今回の新型洗濯乾燥機は、武骨さに鳴るドイツ人にしては、らしくないセンスに「ウデ上げたな〜!」と思わず

口走りたくなるような、そんなクロームメッキされたハッチ・リングの内側に取っ手が隠されていたのだ。

 

だが今回のハイライトはそんなところにはない。

やはり洗剤自動投入システムと洗濯容量のアップに尽きると思うのだ。

これにより洗剤投入の過少、あるいは過多から解放される。即ちスイッチ1つで洗濯、脱水、乾燥まで

洗剤を入れる手間もなしに勝手に仕上がるという訳で、しかも据え置き型は容量8kgにまでなった。

 

次回はその辺についてもう少し掘り下げて解説してみよう。

 

お問い合わせは、
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102 ご連絡ください。

at 16:43, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

WARENDORFの最新版キッチンカタログのご案内

ドイツの企業は面白いもので、業績が良くなるとカタログが立派になってくる。

 

景気が悪くなるにつれカタログも質素になっていき、最後はペラペラの貧相な

モノになるともうこれはいけない。(本当は逆と思うけど・・・)

 

特に家具業界で立派なカタログやサンプルを用意していたメーカーが次第に
貧弱になっていき、最後は消えてしまったメーカーを沢山見てきたものだ。

 

今年になって我々の扱う「WARENDORF」キッチンからいきなり少量ながら豪華な

本年度版カタログが送られてきた。A4版、カラー100ページからなる美しいカタログだ。

 

例によってドイツのカタログには詳しい説明がなく、あくまでイメージだが

ドイツ的なものを色濃く表していて見ごたえがある。どうも景気がよろしいようで・・

皆様の建築計画のご参考にしていただけたらと思います。

 

そんなわけで少量ではありますが2008年度版WARENDORF最新版のキッチンカタログに

和訳をつけて、今回入荷分より取り敢えず先着5名様に差し上げますので、是非お申込みくださいませ。

 

お待ちしています。

 

お問い合わせは、
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102 ご連絡ください。

 

 

 

at 16:28, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

新年のご挨拶

 

皆様、明けましておめでとうございます。

本年も変わりませず、よろしくお願い申し上げます。

 

1月7日(日)より平常通リ営業をしています。

お近くに来られましたらお気軽にお立ち寄りください。

 

                      店主敬白

at 15:29, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

往く年、来る年  年末年始のお知らせ

 

 

今年もあっという間に年末を迎えることになりましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

私の方は4月に大病を患いまして約半年間リタイヤしてしまいました。

 

 

にもかかわらず業績は2割近くアップして、スタッフの皆んなや周りの関係者の方々、もちろんのこと、

ご贔屓頂いたお客様の皆様には感謝感謝の毎日です。オッサンになって急に背が伸びたような心境です。

1年を通じてミーレ機器が堅調であったこと、後半になって輸入キッチンが延びたことが原因のようです。

今も身体の不自由は残りますが、入院前より健康になってしまいました。

 

私、最近になって思うことは、世の中良いことしか起こらないような・・・   よいことが毎日

次々と起こって、それに比例して面倒なことや、厄介なことが起こりますが、それをぼちぼちと

ほぐしてる間に良いことがつむぎ上がっていくような、そんな気がしています。

 

人生には良いことしか起こらない。

良いことは向こうから自動的にやってくる

必要なものは何もない

すべてが揃っている…  といった具合です。 すべてはあるがままに  Let it be.  ですか?

 

「グローブ」は  12月27日(水)〜来年1月6日(土)までお休みとさせていただきます

 

1月7日(日)より平常通リオープンしています。

 

来年も「ミーレの伝道師」として皆様方の幸せにより一層、係りを持っていきたいと思っています。

 

     来る年もよろしくお願い申し上げます。

                                                                                                     店主敬白

at 13:54, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

今回のミーレ食器洗い機のマイナーチェンジについて語ろうか。

ミーレ食器洗い機が今年7月7日ひっそりとマイナーチェンジされた。発売日以降の月末なって新カタログが届くというお粗末さ

だった。25周年モデルはミーレとしては安さで飛びぬけていたので、ある意味センセーショナルだったが今回のマイナーは価格

据え置きという地味なものだった。だがこの地味なマイナーにこそミーレの深慮遠謀が隠されているような気がする。その辺を

ゆるゆる語っていこうと思う。

 

ミーレにはブランド的ファンがいることは間違いないが、食洗機に関しては強力な洗浄力に大きな庫内がユーザーを圧倒し、

こまかな弱点を忘れさせるほどだった。名機を前にそんな細かいところに触れてはいけないというような風潮もあった。

大きな美点が多少時間がかかることや、ヨーロッパ製は余熱乾燥の為、乾燥が少々甘いというのはやむを得ないと認識されてきた。

だが本音で言えばせっかちな日本人にとって早ければ早いに越したことは無い。日本は湿気が多い。乾燥するならそれに越した

ことは無いという声なきユーザーもいた筈である。今回のマイナーチェンジはそんな隠れた声を持つミーレファンのハートを

さりげなく直撃した感がある。

 

簡単にマイナーチェンジの内容に触れてみよう。

新しいシリーズはEcoFlexシリーズという。経済的、柔軟性を表す造語であろう。中でも目玉は従来の「Sensoer wash」が 

 

「Automatic」に表示だけが変わり、新しく「Quick pawer wash」というコースが追加された。

 

こいつは完璧と思われたミーレの「Sensor wash」という洗浄コースを純正洗剤使用という条件付きながら平均所要時間

約58分でこなすというスピードコースだ。(従来のセンサーウオッシュで1時間半強位)結構な時短になるが省エネになって

早く仕上がるに越したことは無いのだ。

少々お高い純正洗剤を使って素早く仕上げるか、市販の洗剤でマイペースで仕上げるかはユーザーの判断にゆだねられる

ことになった。

 

 

 

お次はオートオープン乾燥だ。どうしてもこれが欲しくて高いグレードを買うユーザーもいたが、一番安いベーシックタイプ

からこれが標準となった(60cmWのみ)わけだから迷いは減った。乾燥工程が終わった段階で自動的に少しドアが開いて

外の冷気を取り込み内部をクールダウンさせるという仕掛けだ。これによってワイングラスなどは水滴が消え驚くほどキレイに

なるし乾燥も1ランク上になる。乾燥は良いに越したことは無いのだ。これが最もお安いモデルから標準になった。

 

ところで、昔から(約20年ほど前)ミーレの食洗機,洗濯機、乾燥機の全機種に「アップデイトシステム」といった機能が

装備されていた。ハード(機械)は20年の使用に耐えうるよう作られ、時代とともに進歩する技術は専用パソコンからデ-タを

送り込みバージョンアップさせるという技だ。新しい洗剤等が開発されたときなどそれに対応したコースを送り込む。新しい洗い

方のノウハウが確立されたらデータを送り込む。本気で1台の機器を20年間使わせる魂胆だ。これは日本では絶対にマネが

できない。技術的にではなく、思想的にである。そんなことをしたら新しい機器が売れなくなってしまう。まるで本当の

エコロジーとは購入した機器を長く使うことだよと主張するかのようだ。これは販売する側からいえば反逆的行為だろう。

 

 

 

 

今回のマイナーチェンジにメーカーは殆んどコストを割いていないのではないか?それが証拠の価格据え置きだ。

なぜなら今回の「パワークイックウオッシュ」はアップデイトシステムの工場版のようなものだ。「オートオープン乾燥」も

特許とはいえ従来の技術に過ぎない。今までの生産ラインにちょっと手を加えただけだが、知る人にとってはG6620

(G6100の後継モデル)はウソのようなお得モデルだ。同価格でこれだけのものが出来れば消費者にとってメリットが大きい。

ほんのわずかな投資で全く新しいものを作り上げられるという事はミーレの商品開発能力が成熟してきた証のような気がする。

 

最後に内部バスケットだ。清潔なホワイトに可動部にはイエローをあしらうというセンスは従来通りだが、イエローの配置が

使い易くなった。特にワイングラスをかけるところは柔らかくなったし、3Dカトラリーも便利になり、この辺は正常進化と

云ったところだろうか。

 

随分と長くなってしまった。読む方も疲れるからこれくらいにしておこう。

次回は純正洗剤や次回のランドリー製品の予想について書いてみよう。ではまた。

at 11:00, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

25周年記念モデル食器洗い機

 


唐突に出た25周年記念モデルについて

 

ドイツのミーレが東京に初めて進出して、今年が25周年ということで、特別モデルを静かに出してきた。

価格も25万円(税別)というこだわりだ。

 

3月に売り出して3回目の入荷分が既に引き当て待ちというから、この手の機器としてはすごい売れ行きだ。

その理由は、

機能はあまり変わらず、操作部はステンレスのみで25万円(税別)というミーレとしては破格の安さだ。

 

ご興味のある方は、既にグローブに展示してあるので、是非ご確認ください。

 

皆様のご来店をお待ちしています。

 

お問い合わせは、
お問い合わせフォームTEL 06-6252-0102 ご連絡ください。

 

at 10:03, globeinc, NEWS・お知らせ

-, trackbacks(0), - -

グローブの輸入キッチン紀行 過去記事 過去記事すべてをご覧になられたい場合は、
輸入キッチン紀行はこちら
蔵出しお得情報はこちら